【KTC × EHIMEMACHINE】限定コラボ特集

人気ツールだけを厳選した工具セットの決定版

工具セットの購入を考えられているのであれば、エヒメマシン渾身のオリジナルツールセットをご検討ください。

日本を代表する総合ハンドツールメーカー、京都機械工具株式会社(以下、KTC)とタッグを組み、試行錯誤を繰り返し完成したパッケージ内容と工具箱は、自信を持っておすすめできるアイテムです。

今回は、その魅力を余すことなくご紹介いたします。

 

KTC初のチャレンジ

KTCは1950年(昭和25年)創業の老舗工具メーカーです。「軽くて強くて使いよい」をモットーに、高品質・独創的な技術力で業界を牽引し続けています

日本のモノづくりを支えてきた礎のような会社であり、製造しているのは自動車整備用工具だけでなく、医療用工具および関連機器、一般作業工具、計測機器、精密機器に至ります。そのため、無意識ながらKTCの工具を手にしている方も多いことでしょう。

そんな歴史と実績を持つKTCですが、これまで特約店とコラボレーションした経験がありませんでした。

最近でこそ伝統ある茶舗や菓子舗が食品・飲料メーカーとの共同開発および監修などを手掛け始めてはいますが、工具の世界で特約店とのダブルネームを冠するコラボモデルが販売されるのは、極めて画期的な出来事といえます。

手前味噌ですが、提案した弊社が大胆不敵ならば、下駄を預けてくださったKTCも豪胆無比。工具業界に意義ある一石を投じたと自負しております※自画自賛、失礼致しました

 

実売に基づいたツール選び

▼9.5sq. 78点工具セット オリーブドラブ オリジナルツールセット SK37820XODEM
弊社が過去に販売した、KTC商品の実数に基づきセット内容を決定しているのが最大の特徴です。

「工具点数◯◯点」というセットには、差し替え式のビットの数を含んでいるケースが多く、手にする機会がなかったり、力を入れづらいので使わなくなった工具が含まれていることもあります。

もちろん、工具セットにおいて点数が多いことは魅力のひとつなのですが、「何が入っていて、合計何点セットなのか」は意外と見落とされがちです。

メーカーが発売しているセットでは「慣れ親しんだサイズ」を重視します。そのため、時代とともに需要が少なくなってきているサイズが入ったままで、需要が多くなってきたサイズが入ってなかったりもします

そこで生まれたのが「KTC×EMオリジナルセット」です。

販売実績に基づいた需要のある工具だけが集められているので、使うのに躊躇するようなハンドツールは省かれています。つまり「選りすぐられた精鋭のセット」に仕上げています。

また、「工具の配置」も重視しています。メーカーのセットでは、同じ種類の工具を同じスペースにきれいに並べていますが、EMオリジナルセットでは同じ種類であっても「使用頻度」に合わせて収納スペースを変えています

例えば、ドライバーならプラスのNo.2が圧倒的に良く使うサイズで、マイナスであれば6mmタイプ。そういった使用頻度が多い工具を、一番取り出しやすいところに配置しています。そして、使用頻度が少ないものを2段目以降に配置することで、 トップ部と1段目に主要なサイズが収まり、選んで取り出す手間が大幅に省けます

構想から販売開始まで約2年。幾度となくKTCとミーティングを重ね、頻繁にサンプルを取り寄せ、実際の使い勝手や感触を確かめ、両社ともに一切妥協無しのセットに仕上がりました。

 

一目瞭然の独自レイアウト

工具箱のトップ部には、軽作業に必要と思われる工具がほとんど揃っています。ハンドツールを見栄え良く整然と配置するのではなく、箱を開けた瞬間に取るべきものが判別できる実用的な配置できるよう、樹脂成型のオリジナルトレイを開発しました。

トップ部分には以下の工具が配置されています。
・貫通ドライバー
・ラチェットドライバー
・モンキーレンチ
・六角レンチ
・ペンチ
・ニッパー
・各種プライヤーラチェットハンドル
・クイックスピンナ
・ソケット10点

そして、引き出しの1段目にはレンチ類を配置。とりわけ、めがねレンチは「8x9・10x12・13x15・14x17・16x18・19x21(mm)」という使用頻度の高いサイズを中心に選定しました。

KTCの工具は高精度かつ本体の無駄も削ぎ落とされているため、頑丈一辺倒の肉厚な工具に比べ、狭い場所に置けるだけでなく、捻る・回すがスムーズに行えます。

また、あえて各ハンドツールの口径が被らないように設定することで、時代に即した工具セットのあり方を示しています。

そして、トップ部と1段目を最大限活用したことにより、2段目と3段目にフリースペースを確保(従来では2段目まで使用していた内容です)。

取り外した部品を無造作に放り込むもよし、買い増したハンドツールを収めるもよし。ユーザー個々が使い方を工夫できる、拡張性をもたせた自由度の高いレイアウト。活躍の場は、職人やエンジニアの職場だけでなく、一般家庭にまで広がります。

 

KTCファンも待望のコラボ限定色

ケースはSKX0213を採用。KTCが限定カラーとして販売した中で一番人気の伝説カラー「オリーブドラブ」をアップデート。マットな質感を与え、わずかに着色トーンを暗めに落とすことで、ミリタリー感を強めています。

軍用、軍隊カラーは使い込むことで味が出るもの。多少のキズは勲章の証、愛用すればするほど自分好みに育てられます。

 

カラーやストレージも豊富

また、趣味趣向に合わせてお選びいただけるよう、コラボ限定色として、オリーブドラブだけでなく、マットレッドとマットブラックも展開しています。

各色の入り組み点数は68点、72、78点、91点となり、ラチェット類差込角は一般的な9.5sq.となります。

 

【エヒメマシンの豆知識】
 今回詳しく紹介させていただいた、工具セットの品番はSK37820XODEMです。この品番最後の2文字である"EM"はエヒメマシンのこと。実は、この"EM"は今作以外のオリジナルアイテムにもついています。
 例えば、オリジナルカラーの両開きケース「EK-10AODEM」、使い勝手のよいメガネレンチセット「M5-6PEM」、 超ロングストレートめがねレンチ3本セットの「M1603EM」等々、品番だけで見分けがつきます。


「末尾にEMが付いていれば安心して購入できる」と思っていただけるよう、今後もお客様のご要望に合ったコラボモデル、オリジナルモデルの発売に取り組んでいく所存です。どうぞ、お楽しみに!

 

KTC×エヒメマシン 限定コラボセット・コレクション

□ツールチェスト

▼9.5sq. 67点工具セット オリーブドラブ スタンダードツールセット  SK36722XODEM 【商品ページ9.5sq. 67点工具セット SK36722XODEM オリーブドラブ

▼9.5sq. 72点工具セット マットブラック オリジナルツールセット  SK37220XMBKEM 【商品ページSK37220XMBKEM 9.5sq. 72点工具セット マットブラック オリジナルツールセット

▼9.5sq. 78点工具セット マットレッド オリジナルツールセット SK37820XMREM 【商品ページSK37820XMREM 9.5sq. 78点工具セット マットレッド オリジナルツールセット

▼9.5sq. 91点工具セット マットブラック オリジナルツールセット SK39120XMBKEM 【商品ページ9.5sq. 91点工具セット マットブラック オリジナルツールセット SK39120XMBKEM 

 □両開き EK-10AODEM 採用モデル

▼9.5sq. 63点オリジナルツールセット オリーブドラブ SK36320WZODEM 【商品ページ
 

9.5sq. 63点オリジナルツールセット ミリタリーレッド SK36320WZMREM 【商品ページ

9.5sq. 63点オリジナルツールセット メタルブラック SK36320WZMTBKEM 【商品ページ

Ktcエヒメマシンオリジナル限定コラボ